FX自動売買で負けてしまう人のポイント

FX自動売買で負けてしまう人のポイント

 

FX自動売買は文字通りシステムによってエントリーをしてFX投資をしていくことですが、
それでもFX自動売買で負けてしまう人が世の中にはいることも確かです。

しかし、誰がやっても同じような結果になるはずのFX自動売買でなぜ?負けてしまうのでしょうか?

そこには明確な理由があるんですが、
まずはFX自動売買で負けてしまう人の特徴とやってはいけないことをまとめてみましょう。

FX自動売買で負ける人は意外と多く、自動売買をしたことがない人は、自動売買のはずなのにどうして負けるのかと疑問に感じることになりますが、すべてを自動にしていればいいものの、値動きを見て投資家が勝手に判断し、手動で売ってしまうことで結果的に負けるということがあります。

つまり、自動売買とは言いながら、結局自分で判断してしまうことから負けるということです。

人間は様々な感情を持つ生き物であり、損をしたくないと思う一方でたくさん儲けたいと感じます。

そのため、損切りや利益の確定などをするのが難しく、特に初心者の人はその部分で大損したり、利益の確定をし損ねることになったりします。

FX自動売買ではそのあたりのことをシステム側で処理をするため、システムによほどの欠陥が見つからない限りはうまく儲けることができるようになります。

負けないようにするためには、システムを最大限信用することが大切です。
そのためには、本格的に導入する前に3か月程度バーチャルでシステムを使って運用してみるということが必要になります。

そこで、そのシステムが本当に使えるのかどうかなどを見極め、より良いものを発見し、確実に儲けを生み出せるものを探すことができ、自動売買システムを導入したのに負けたということが減ります。
システムに任せる以上は、判断をすべて一任するという姿勢が必要であり、不安を感じる段階ではもう少し様子を見ることが得策です。